千葉で美容整形外科を探す│口コミを参考に信頼できる医師を探そう

二重まぶたになるために

カウンセリング

日本人は一重まぶたの人が多いとされていて、それは千葉でも例外ではありません。男女含めて一重まぶたの人が約7割、二重まぶたの人は約3割程度だと言われています。そのため、一重まぶたのコンプレックスを持っている人は少なくありません。また、最近は外見を気遣う男性も増えてきているため、一重まぶたで悩んでいる男性なども増えてきています。一重まぶたは目の上や目の下の脂肪をとれば二重になると言われていて、まぶたの脂肪を取るマッサージを行うなど、二重になるようにまぶたのくせづけをマメに行うことで、二重まぶたになったといった例などもあります。しかしながらこうした日々の対処を行うことで改善できるとは限りません。やはり確実に改善するということになると、美容整形で二重まぶたを手に入れるほうが効率的でしょう。美容整形に、二重まぶたになることができる埋没法というプチ整形があります。このプチ整形は千葉の美容整形外科でも人気の施術です。効果が分かりやすいことから口コミなどで人気が出て、手軽であり信頼性の高い事がその人気の秘訣となっています。一般的に二重まぶたにするための整形方法は2つあり、切開法と埋没法と呼ばれる方法があります。切開法は文字通りまぶたを切開して二重を作ってしまうといった方法となりますが、埋没法は極細の糸をまぶたに埋没させて、まぶたが二重になるように、まぶたの裏から糸で留める方法となっています。切開する必要もないという点から口コミなどの評判がいい埋没法ですが、切開法とは違い永久的な効果は得られません。糸が切れなくても、数年程度で元に戻ってしまう可能性などもあります。しかし、切開が怖いといった人はやはり千葉にも多く存在しています。そういった場合のためのプチ整形として最適です。また、料金が切開法と比べて安いといった点など埋没法が選ばれやすい理由となります。料金は切開法の場合だと片目で十数万程度であることが多いですが、埋没法は美容整形外科によって値段がまちまちです。これは千葉の美容整形外科で行っている埋没方が、1点留めなのか2点留めなのかでも変わってきます。2点留めのほうが勿論1点留めよりもしっかりと二重のラインを作ることができ、糸が切れて戻ってしまう可能性は低くなりますが当然1点留めよりも施術費用はたかくなってしまいます。しかし2点留めでも切開法よりは金額も安く、片目で数万円程度となっています。ただ、切開法と埋没法どちらでも、施術後から自然体に戻るまでにダウンタイムがかかります。直接切開するより糸で留めるだけの埋没法の方がダウンタイムは短いですが、それでも個人差を含めて3日目から2週間ほどが一般的とされています。社会人の場合は、長期で仕事を休むように日程調整をしてからの施術が無難といえます。ダウンタイム中は目の腫れや赤みなどの症状が出てしまうため、やはり目立ってしまいます。埋没法は翌日からメイクが可能となる場合も多いため、ごまかす事はできますが、気になる場合は長期の休みを利用した方がいいでしょう。口コミで人気な美容整形外科では、男女関わらず施術が可能となっていて、またプライバシーにも配慮がされていて患者同士がほとんど出会わないようになっている美容整形外科なども多くあります。異性の目に見られてしまうことを避けたい方などは、こうした口コミで人気の美容整形外科などを利用してみてはいかがでしょうか。